桃太郎少年合唱団の歩み

ホームページより転載

創 立

昭和37年の岡山国体開催を記念して、当時の県知事三木行治氏の提案で「青少年の健全育成と地域音楽文化向上」を目的に1964年(昭和37年)に創設されました。

前年ウイーン少年合唱団の倉敷青陵高校体育館での演奏に強く感動された三木氏は、すぐ少年合唱団の創設を提案され発足しました。三木氏は当時の団員に「君たちの歌声が世界の人々に感動を与える日がきっとくることを信じている。」と大きな期待を寄せられ、団の永続を願って法人化されましたが、残念ながら激務のため昭和39年に急逝されました。

経 緯

昭和30年ウイーン少年合唱団の初来日の影響で、日本全国に子供の合唱団が多数誕生し、急速に少年少女合唱団等の活動がひろがっていました。そのころ少年合唱団は全国で約40団体が誕生しています。

桃太郎少年合唱団は160名の応募者から厳しいテストを受け、第1期生43名が合格し、1964年8月スタート。当時の県文化センターで練習がはじまりました。その後、県立児童会館・同別館そして現在の県立生涯学習センターと演習拠点が変わっていきました。

その後、社会情勢の変化・少子化等により、子供の文化活動特に合唱活動への参加数は減少傾向にあります。しかし少年少女合唱団は全国約1,000団体と推計されているが少年合唱団は約10団体と極めて大きく減少してきています。

広告

コメントは停止中です。