2014/8/16~18 ・ 夏の合宿

桃太郎少年合唱団、創立以来の伝統となっている夏季合宿練習が、8月16日(土)~18日(月)の3日間、国立吉備青少年自然の家で行われました。

上月団長による練習今回は、上月団長にとって初めての夏合宿ということで、定期演奏会で演奏する愛唱曲から8月31日(日)の県大会で歌われる曲まで、じっくりと時間をかけて、ていねいに練習をしてくださいました。

 

《北越戯譜》の練習-001高野の練習は、定期演奏会で演奏予定の柴田南雄《北越戯譜》の練習。桃太郎にとって初めてのシアターピースの取り組みですが一人ひとりの積極的な姿勢が要求される作品であり、苦労しながらも、徐々に、江戸~昭和初期の、子どもの遊びの世界に引き込まれていっていたようでした。

 

朝一番のストレッチ体操朝から晩までの長時間の練習では、ストレッチや、アレクサンダーテクニック、ハーモニートレーニングなど、普段ではできないような練習もおこなわれ、充実した練習になりました。

 

 

新・アカペラグループの自主練習世代交代した新・アカペラグループも、アカペラグループを立ち上げた初代の先輩方を迎えて、新たに練習を始めることができたようです。

 

 

休憩中の交流タイム休憩中の交流タイム2練習の合間の、休憩は、小学校低学年から高校生までの異年齢層による交流、という桃太郎ならではのひととき。トランプ、オセロ、ドッジボール……などなど、さまざまな遊びが、それぞれの場所で行われていたようです。

就寝後の勉強タイム!中・高生にとって、合宿中といえども、宿題や受験勉強から逃げるわけにはいきません。
就寝時間後も、一定の時間は、勉強タイムが許されています。
大学生OBからタダで勉強を教えてもらえる!という特典つきだった団員もいたよう です。

 

お楽しみの飯ごう炊さん飯ごう炊さん2合宿の目的は、合唱練習に加え、「同じ釜の飯を食う」という、寝食を共にすることもあります。2日目の晩には、保護者・OBの方も参加してくださり、飯ごう炊さん。ちょっぴりおしゃれなサラダつき、カレーライスが作られました。

 

レクリエーションタイム「すっぱい飴を食べてるのは誰だ?」ご飯の後は、保護者会主催によるレクレーションタイム
今年は「酸っぱいアメを食べているのは誰だ?!」ゲームでした。上位入賞(笑)者には、保護者会&OBの方から豪華賞品の進呈も。

 

楽しくも充実した2泊3日の夏季合宿でした。

副団長・高野 敦

広告

コメントは停止中です。