思わぬところで少年合唱団つながり

東京の本郷を拠点とする大学院にいたころの話です。

どうしてそういう話が出たかは覚えていませんが、1年下の後輩が、東京の有名な少年合唱団の団員だったことが分かりました。当初から何となく気が合う間柄だったのですが、もしかしたら少年合唱経験がその理由だったのかもしれません、と、いちおう少年合唱団に関わるブログなので強引に結びつけておきます。

その後輩の美声は、いまでも毎年一度だけテレビやラジオで聴くことができますが、最後に会ったのは、彼の留学先パリのカフェだったような気がします。彼の”Garçons, s’il vous plaît !”も当然のごとく素敵な響きでした。

そうそう、彼は少なくとも大化の改新まで家系を遡れる正真正銘の「いいところのお坊ちゃん」です。

 

広告