社会人教育、コスト削減、職能、ボランティア

大学教員というものは、社会人教育の場に引っ張り出されることが多いと思います。私も大学教員時代はあれやこれやたくさんやりました(やらされました)。いまでも大学教員時代に身についた姿勢を引きずるような業務が多いし、建築やIT情報提供ブログの運営もやっています。

*

社会人教育の実践で感じたことは、社会人教育には「自分の無知を押し通す傲慢」という大きな壁が立ちはだかることです。学習には自身の無知に対する謙虚さが必要ですが、学習するに際しては意味のない肩書・年齢差・学歴などがもたらす沽券とでもいうものが障害となることを思い知らされました。

*

*

*

桃太郎少年合唱団で私が携わったIT絡みのことの多くは、具体的な内容やスキルのレベルは大したことはないけれど、学習・研究・実践により獲得した専門的なノウハウ・知識・スキルの提供であり、本来なら業務として報酬を得るべきものでした。それをボランティアで提供した理由は、桃太郎少年合唱団において、人々がしばしば口にしていた課題(※)への解決法の一端を示し、そこから人々が何らかを学習することを期待したからです。要するに社会人教育を行うというスタンスです。学習といっても、最短で20分くらい、どんなに要領が悪くても数日で獲得できるものにすぎません。

(※)世間には、何らかの課題を口にすることで「そういう問題があることに気づいたボクって偉いなぁ」と自己陶酔し、解決が必要だということに思い当たらない人がいます。そのような場合、課題は解決しないままに山積みにされていきます。

*

切手貼り、チラシ配り、名簿入力、あるいは、写真撮影、ビデオ撮影のように誰でもできることは「面倒くさい」という気持ちを払拭できさえすれば、誰でもボランティアで引き受けることが可能でしょう。

ボランティアは「誰でもできること」であるべきだと思います。「誰でもできるはずなのに誰もやろうとしないことをやる」からこそ、ボランティアを行う姿は賞賛され、敬意を払われるのだと思います。「自分はやっているのにあいつはやらない」と考えたり言ったりする人もいますが、それは自分自身のボランティアの価値を貶める愚かな振る舞いです。

自らの身体と時間とお金を費やしながら長年に渡って獲得し、いまでは生活の糧を得る重要な手段となっているノウハウ・知識・経験をボランティアで提供せよと要求するような人もいます。これは、社会的に見ても、他者の職能への敬意という点からも、たいへんに不見識かつ非常識な行為です。無銭飲食に等しい悪行です。このことは自分の職能を大事にする人であれば理解できるでしょう。

広告